Linux パッケージ管理コマンド備忘録

よく忘れてしまうので備忘録として残しておく.

apt-get

APT (Advanced Packaging Tool) というパッケージ管理ツールに含まれるコマンド.
apt-getコマンドでパッケージ管理を始めるには,まず /etc/apt/sources.list にパッケージを管理しているサイトのURLを記述する.

$ apt-get [option] subcommand package-name
オプション 説明
-d ファイルをダウンロードする(インストールはしない)
-s システムを変更せず動作をシュミレートする
サブコマンド 説明
clean 過去に取得して保存中のパッケージを削除する
dist-upgrade システムを最新にアップグレードする
install パッケージをインストールまたはアップグレードする
remove パッケージをアンインストールする
update パッケージデータベースを更新する
upgrade システムの全パッケージを安全にアップグレードする

yum

yum (Yellow dog Updater, Modified) の設定は, /etc/yum.conf/etc/yum.repos.d ディレクトリ以下のファイルで行う.

オプション 説明
check-update アップデート対象のパッケージリストを表示する
update パッケージ名 指定したパッケージをアップデートする
install パッケージ名 指定したパッケージをインストールする
remove パッケージ名 指定したパッケージをアンインストールする
info パッケージ名 指定したパッケージの情報を表示する
list 全パッケージ情報をリスト表示する
repolist リポジトリ一覧を表示する
search キーワード パッケージ情報をキーワードで検索する
search all キーワード パッケージをキーワードで検索する(パッケージ名および説明文等すべて)
grouplist パッケージグループをリスト表示する
groupinstall グループ 指定したグループのパッケージをインストールする

コメントを残す