GoでMySQLを使う – database/sql package

GoからMySQLを使う方法について調べた.
O/Rマッパーを使う方法も気になったが,まずGo標準パッケージで用意されている機能を使い,SQLを地道に実行していく方法を試した.

ソースコードは以下.

実行

Dockerを使って簡単にローカルにMySQLを準備する.

$ docker run -p 3306:3306 -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=mypass -e MYSQL_DATABASE=testdb -e MYSQL_USER=mysql -e MYSQL_PASSWORD=mypass -d --name mysql mysql

DBの準備後,作成したソースコードを実行する.

$ go run mysql_example.go
ID: 1, Name: Tom
ID: 2, Name: Bob
ID: 3, Name: Alice

INSERTしたデータが正しく取得できていそうである.
念のため,MySQLに入って確認してみる.

$ docker exec -it mysql mysql -u root -p
Enter password:

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| sys                |
| testdb             |
+--------------------+
5 rows in set (0.01 sec)

mysql> use testdb;
Database changed

mysql> show tables;
+------------------+
| Tables_in_testdb |
+------------------+
| test_tbl         |
+------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> select * from test_tbl;
+------+-------+
| id   | name  |
+------+-------+
|    1 | Tom   |
|    2 | Bob   |
|    3 | Alice |
+------+-------+
3 rows in set (0.00 sec)

上記の通り,正常にテーブルの作成とデータの追加が行えていることが確認できた.

解説

準備

Goの database/sql パッケージを使うと,色々なDBを扱うことができる.
しかし, database/sql パッケージとは別に,ここから使いたいDBのdriverを探してインストールしておく必要がある.
今回はMySQLを使いたいので,go-sql-driver/mysqlを利用した.
下記コマンドで go-sql-driver/mysql をインストールする.

$ go get -u github.com/go-sql-driver/mysql

データベースへの接続

データベースへ接続するには, sql.Open() メソッドを使用する.
第1引数に使用したいdriver名,第2引数に接続先を指定する.

db, err := sql.Open("mysql", "mysql:mypass@/testdb")

接続確認を行いたい場合は, sql.Open() の後に DB.Ping() メソッドを呼び出すことでできる.

if err = db.Ping(); err != nil {
    log.Fatalf("db.Ping(): %s\n", err)
}

SQLの実行

SQLの実行は, DB.Exec() 及び DB.Query() メソッドで行うことができる.
CREATE文やINSERT文など,DBからデータが返ってこないものに関しては DB.Exec() メソッドを用い,SELECT文などDBからデータを取得するのが目的であるものに関しては DB.Query() メソッドを用いる.

Exec()

_, err = db.Exec("create table test_tbl (id int, name varchar(32))")
if err != nil {
    log.Fatalf("db.Exec(): %s\n", err)
}

Query()

DBからの結果は sql.Rows に入っている.
Rows.Scan() メソッドで,1レコードの中から値(今回であればSELECT文での取得対象に * をしているため,全てのカラム = idname )を取得することができる.
Rows.Scan() メソッドの引数にはポインタを渡すことに注意する.

1レコード分の処理が終了し,次のレコードに移るためには Rows.Next() メソッドを呼び出す.

var rows *sql.Rows
rows, err = db.Query("select * from test_tbl")
if err != nil {
    log.Fatalf("db.Query(): %s\n", err)
}
defer rows.Close()

for rows.Next() {
    var (
        id   int
        name string
    )
    err = rows.Scan(&id, &name)
    if err != nil {
        log.Fatalf("rows.Scan(): %s\n", err)
    }

    fmt.Printf("ID: %d, Name: %s\n", id, name)
}
if err = rows.Err(); err != nil {
    log.Fatalf("rows.Err(): %s\n", err)
}

Go net package – Goでソケット通信

Goのnetパッケージについて軽く勉強した.
簡単なソケット通信についてまとめる.

ソケット通信

ソースコードは以下.

package main

import (
    "fmt"
    "log"
    "net"
)

func main() {
    host := "localhost"
    port := "8000"
    address := net.JoinHostPort(host, port)
    conn, err := net.Dial("tcp", address)
    if err != nil {
        log.Fatalf("net.Dial(): %s\n", err)
    }
    defer conn.Close()

    request := "GET / HTTP/1.1\n\n"
    fmt.Println([]byte(request))
    _, err = conn.Write([]byte(request))
    if err != nil {
        log.Fatalf("Conn.Write(): %s\n", err)
    }

    buffer := make([]byte, 1024)
    var n int
    for {
        n, err = conn.Read(buffer)
        if n == 0 {
            break
    }
    if err != nil {
        log.Fatalf("Conn.Read(): %s\n", err)
    }
    fmt.Print(string(buffer))
    }
}

以下に簡単な解説を.

Goでのソケット通信は, Conn オブジェクトを作成するところから始まる.
まず, net.Dial()Conn オブジェクトを作成する.

conn, err := net.Dial("tcp", address)

第1引数にはネットワークの種類を,第2引数には接続したい先のアドレスを指定する.
今回はサンプルとしてローカルに立てたHTTPサーバへ接続してみるので,ネットワークの種類は TCP を指定しておく.

Conn オブジェクトを作成できたら,後は Conn.Read()Conn.Write() でデータの読み書きができる.

_, err = conn.Write([]byte(request))
...
...
n, err = conn.Read(buffer)

簡単なソケット通信は以上の3つのメソッドを使うことで簡単にできる.

Pythonで簡単にローカルHTTPサーバをたて,作成したプログラムを実行してみる.

$ python -m http.server
$ go run main.go
HTTP/1.0 200 OK
Server: SimpleHTTP/0.6 Python/3.6.2
Date: Sun, 04 Feb 2018 12:47:14 GMT
Content-type: text/html; charset=utf-8
Content-Length: 336

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>Directory listing for /</title>
</head>
<body>
<h1>Directory listing for /</h1>
<hr>
<ul>
<li><a href="main.go">main.go</a></li>
</ul>
<hr>
</body>
</html>

JoinHostPort()/SplitHostPort()

上の例でも使っているが,これらのメソッドを使うことでアドレスとポート番号の結合・分離が簡単にできる.

address := net.JoinHostPort("localhost", "8000")
fmt.Println(address) // localhost:8000

host, port, err := net.SplitHostPort("localhost:3000")
if err != nil {
log.Fatalf("net.SplitHostPort(): %s\n", err)
}
fmt.Printf("Host: %s, Port: %s\n", host, port) // Host: localhost, Port: 3000